まだ残っていた,道東探鳥の記録。

オオジシギは,
九州でも高原でディスプレイを見たことがある。
急降下しながら発する
頭上からのあの声に,ビックリしたことがある。
北海道でも繁殖しているということで楽しみにしていた。

早朝の小清水原生花園だった。
前日に,ジュワージュワーとでもいう声を聞いていたので,
オオジシギがいるのは確認していた。
この早朝,遠くの木立にとまっていたオオジシギ
og01

og02


しばらくすると,次から次に舞い上がり出した。
それはそれは,賑やかだった。
ここには,かなりの個体が生息しているようだった。
og11

og12

og14


鳴きながら飛び回っていた。
ほとんどが頭上だから,手持ち撮影にして正解だった。
頸と腰が痛かったけれど・・・。
og15


急降下の始まり。
急降下するときは,尾羽をしっかり広げる。
og21


ズビャク,ズビャクなどとと聞こえる大声を出して降下。
og22

og23

ひっきりなしにオオジシギが飛び周り,急降下した。
オオジシギの急降下及び絶声は一度しか経験がなかったので,
とにかくものすごい経験をすることができた。